事業紹介Business Area

医療機器部門 Medical Equipment
1.病院用医療機器
ー 病気の早期発見・早期治療に貢献します。
2.コンシューマー向け医療機器
ー 家庭用医療機器のオンライン販売を通して誰もが生活の延長線で身近な治療を実現します。
ー 体に負担の少ないやさしい医療への思い。
ー 一人の医療への質向上へ
  • cellprep
  • Cellprep
    液状化細胞診自動化装置(LBC System)
  • 弊社は日本国内で医療機器製造販売業を取得し子宮頸がん検査において先進技術である液状細胞診(Liquid Based Cytology. LBC)自動化装置を主力に日本国内でシェアを拡大しております。
    主力商品であるCellprep(LBC自動化装置及び消耗品)は韓国のBIODYNE社(1999年設立)が製造しています。
    Cellprepに対する日本国内独占販売権を取得し、2014年5月ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(Roche Diagnostics KK.)と販売権を締結し日本国内のLBCシステム普及に先駆けています。
  • 選任製造販売業/DMAH 業務
    製造販売業/MAH業務
    (DMAHとはDesignated Marketing Approval Holder)
  • 外国製造業者が日本国内で医療機器を輸入販売する際、日本に事業所がない場合は日本国内の製造販売業許可を所持する事業所を選任する必要があります。
    選任された製造販売業者を選任製造販売業者(DMAH)と言います。
  • ■なぜ選任が必要なのか
  • 日本では医療機器の製造販売業者に以下の業務の実施が義務付けられています。
  • QMS(Quality Management System)
    製品の品質管理
    GVP(Good Vigilance Practice)
    製造販売後の安全管理
  • これらを満たさなければならない為、2005年から薬事法により外国特例承認制度が設置されました。
    この制度により、厚生労働大臣の承認を直接得る(=製造販売承認(認証)申請者として製品ライセンスを保有出来る)代わりに国内の製造販売業者を選任することが条件とされています。
ECサイト部門 Electronic Commerce

各種ECショッピングサイトの運営をしています。
取扱商品15万アイテムのロングテール戦略のほか、即日出荷対応商品約1000アイテムの準備があります。
年間出荷件数20万件のスケールメリットを生かした仕入れおよび物流コストの削減ビッグデータを活用した販売機会損失の最小化を実現しています。

  • rakuten
  • amazon
  • gunblue
  • tomatoshop
  • wowma
  • good-value
商品開発部門 Product Development

自社製品の企画開発部では他社にない独創的な商品開発とその品質を保つ検査検証をも行います。
製品開発はコンシューマー商品のみならず、企業向け特注品やゼネコン向けの安全管理システムにまで及びます。

  • 擬態化ボイスレコーダー
  • ドライブレコーダー周辺機器
  • 企業向け特注品
  • AV機器
  • 現場安全管理システム
  • PC関連商品
ヘルスケア部門 Health Care
  • 医療機器の専門分野と資格を利用し、コンシューマー向けヘルスケア商品の開発製造を行っております。
    誰でも簡単に安心して使える高品位で効果、効能に拘った製品づくりを約束しています。
    ジャンルも低周波治療器やダイエット関連商品、デンタルケア商品など幅広く対応できる体制が整っています。